「山岡くんのヒミツの恋」掲載作品 [カノジョが美人になった理由] ネタバレ&無料お試し読み ピュアな想いに泣けました

こんにちは~(^^)/
まんが大好き主婦のtossyです
家事の合間に大好きな漫画を読んで過ごしています

今回は、三つ葉優雨先生の「山岡くんのヒミツの恋」に同時掲載されている「カノジョが美人になった理由」について書いていこうと思います(^^


山岡くんのヒミツの恋」は電子コミックで読むことができます
tossyはまんが王国というサイトで読みました。
画質が綺麗で無料お試し読みもできます。
まんが王国はこちら➡まんが王国
アクセスしたらサイト内で「山岡くんのヒミツの恋」で検索してみて(^^


[あらすじ]

後藤愛子は今でこそ美人でスタイルもよく、男の子たちにも人気の女子ですが、中2の時は女子の中心グループに「ガリ」とあだ名をつけられ影の薄い生徒でした。

それでもいじめられるよりはましだと思いながら過ごしていました。

ある日、図書室で本の返却作業をしていると、同じ図書委員で他のクラスの田口という男の子に本の事で声を掛けられます。

自分のことを影が薄いと話す田口君に私もと話す愛子ですが、田口君から「そんなことはないよ。キレイな人だなーって思ってた」と言われます。

この彼のたった一言で、愛子の中で何かが少しずつ変わり始めたのを感じました。

それからも2人は本の貸し借りをしながら交流を深めていきますが、ある時田口君が女子に人気のある「颯太」にいじめられているのを見てしまいます。

いつでも笑顔の田口君、その彼の強さに愛子は涙が出てきてしまいました。

そんなある日、いつものように2人で図書室で読書をしていると、颯太がやって来て声を掛けられますが無視をすると愛子の眼鏡を取り上げてきたのです。

そして愛子の顔を見て「そのダサイツインテールとスカート丈とメガネやめるなら、カノジョにしてやるよ」と言われます。

驚いた愛子ですが、やがて自分が迷ってはいないことに気付きます。

颯太のことなんてかけらも好きではありませんでしたが、この手を取ることは、不自由な場所から違う世界への扉を開くことだったのです。

それからオトコが途切れたことはないまま高校2年になったある日、「後藤さん?」と言って声を掛けてきたのは彼女を連れた田口君でした。

そして変わらない笑顔で「後藤さんは相変わらずキレイだね」と言われますが、なぜか突然うまく笑えなくなってしまい、何とか返事をしながらも、その場から走り去ってしまいます。

世界が変わってしまうほど嬉しかったあの時の「きれいな人」という言葉で、今はバラバラになってしまいそうだと感じて。。。


[感想]

思わず涙が。。。

愛子は「山岡くんのヒミツの恋」に出てきたちょっと嫌な役の女の子でしたが、彼女のこんな話を読むと、早くまた本当の恋に出会ってほしいな、なんて思いました。

愛子と同じように、自分も学校という小さな社会の中で、必死に居場所を見つけていたな、って思い出しながら読みました。

好きでもない颯太の手を取ったことは決して責められることではなく、それが一つの手段だったというのも分かる気がします。

でも愛子は、それと引き換えに大切なものを失ってしまったんですね。

その大切なものは、もう自分のところには戻っては来ないけど、そのことに気付き気持ちを伝えられた愛子はきっと素敵な恋が出来るだろうな。。。って思いました。

皆さんも、このピュアな恋物語をぜひ読んでみてください


山岡くんのヒミツの恋」は電子コミックで読むことができます
tossyはまんが王国というサイトで読みました。
画質が綺麗で無料お試し読みもできます。
まんが王国はこちら➡まんが王国
アクセスしたらサイト内で「山岡くんのヒミツの恋」で検索してみて(^^




関連記事

「山岡くんのヒミツの恋」 ネタバレ&無料お試し読み
「カノジョが美人になった理由」 ネタバレ&無料お試し読み


この記事へのコメント